やっておきたいバイク売却前の準備とおすすめの売却先選び!

諸事情によって大切な愛車を手放すことに…!

こんな場合、大半のユーザーさんは「俺の愛車、一体どこに売却すれば高額で査定してもらえるのだろうか?」という部分が気がかりかもしれません。

たしかに大切に乗ってきた愛車です、査定額はもちろん、少しでも高く評価してくれる売却先を探しだすことはとても重要な部分に違いありませんね。

ですが、それ以上に大切なやるべき準備というものもあります。今回はそういったバイク売却前のやるべき準備についてご説明させてもらいます。

 

査定額を左右するバイクの状態や第一印象!

愛車を売却することに決めた!

そんな場合、とりあえず気になる売却先や近所のバイク屋さんに持ち込んでしまう行動派の方もいますが、残念ながらバイク売却において、そういった行動力はマイナスに働くケースも大いにあります。

たしかに愛車を売却することを決めたにもかかわらず、いつまでもダラダラと行動に移さないの方は、それ以上に問題ですが、少々冷静に考えてから行動に移すのが高額売却のポイントなのです。

行動派の方は勢いで売却先に持ち込まず、一呼吸おいて冷静に行動しておきましょう。

では売却先に持込む前にやるべきことは?

まず最初にやってもらいたい事といえば、愛車の状態を事細かくチェックすることだと思います。

 

査定で動かないのはもっとも安くなるパターン!

普段からバイク弄りが趣味で、すべての修理からカスタムまで自分でこなしてしまう方は別として、たいていのユーザーさんの場合は、愛車の状態を事細かく把握していませんよね?

そういった状態でバイク販売店に持ち込んでしまったり、出張査定を受けてしまえば想定外の減額ポイントが指摘され、その分査定額が安くなるわけです。

なので査定前に改善できる部分は改善するために、まずは愛車を事細かくチェックしておくといいです。

何より最悪なのは、しばらく放置されたバイクで、出張査定の当日にエンジンがかからない…というケースではないでしょうか?

というか実際にこういったケース、査定スタッフさんは頻繁に遭遇しているようですが、もっとも査定額が安くなるパターンといえるでしょうね。

そもそもエンジンが始動しないことには、エンジンの異音や吹け上がり、アイドリングが安定しているとかしていないとか…とにかく様々な部分が未知数なわけですよ。こういった状況では最悪のケースを想定して査定せざるを得ないというのが買取側の本音なのです。

完璧に不動車や故障車というケースを除いて、まずは査定のタイミングでエンジンが一発で始動できる状態に改善しておくのは査定前の準備の基本中の基本といってもよいかと。

 

愛車の状態を把握できていないと足元を見られる!?

上記の愛車を事細かくチェックしておく!といった部分、他にもメリットがあります。それが事前に愛車の傷や不具合を発見し、把握できるためなんです。

持込査定でも出張査定でもよくあるケースですが、査定当日に査定スタッフが現車確認を行なって初めてオーナーさんが傷や不具合に気がつくパターンってあります。

こういった場合、オーナーさんは所有しているのに気がついていなかった→あんまりバイクをメンテナンスしていない→そもそもバイクに詳しくない→ある程度、安く査定しても買い取れるのでは?

といった流れなのか、酷い査定額を提示してくるケースが多いようです。もちろん査定スタッフだって少しでも安く買い取れば利益を残すことができますからね。

なので修理するしないは別として、愛車の傷やダメージ、不具合はすべて把握した状態で査定に臨んで下さい。仮に査定スタッフが気づかなければ黙ってればいいわけです。

万が一、その部分を指摘された場合でも驚かずに、冷静に振る舞うことができるため、足元を見られにくいって思いますよ。

 

やっぱり買取側にとってファースト・インプレッションが肝心!

まあ当たり前といえば当たり前の話ですが、人間同士でも第一印象って大事じゃないですか?

同じように売却するバイクと査定スタッフの第一印象ってのも非常に大切で、ある意味、査定額に大きく影響するそうです。

つい先日、管理人の愛車(国産の中型ロードスポーツ)の査定にいらした査定スタッフさんも、バイクを目にした瞬間に「このバイク、絶対に買取りたい!」とか「まあどっちでもいいかな…」といった部分は直感的に感じとおっしゃってましたね。

で、絶対に買取りたい!というバイクの場合は、多少の予算オーバーでも無理して買い取っちゃう…みたいな。

つまり第一印象で買取りたいって思わせるような状態まで、愛車を仕上げておくのも凄く大事な部分かと思いますよ。

 

高く売りたいなら最低限、洗車・ワックスがけは必須といえる!

というわけで、上記の売却前の準備を行うにあたって、まずは徹底的に洗車してワックスアップしてみるのがいいかと思います。

下手に壊れた部品交換やタッチアップ等の補修をされる方もいますが、むしろ単純に洗車してワックスがけした方がファースト・インプレッションには影響が大きいって思います。

そもそも中性洗剤と適当なワックスを用意するだけで、上手くいけば査定額が数万円も違ってきますからね…非常にコスパが高いと思いますよ。

で、隅々まで洗車するって事は、嫌でも愛車の状態を事細かくチェックすることになります。傷んでいる部品や樹脂の劣化、摩耗が激しい部品…といろいろ気がつくはずですよ。

あっもちろん、この時、できれば買取側の査定スタッフになった気持ちでチェックすることも忘れずに!

自分が買取側の人間だったら…といった気持ちでチェックしだすと思わぬ不具合が発見されたりするもんです。致命的な部分が査定当日に発見されたら、査定額もガクンと下がっちゃいますからね。

で、余裕があったら小傷のタッチアップやプラグ交換、バッテリーの充電…くらいは予算的にもやっておいても良いかもいれませんね。バッテリーギリギリの状態で査定に臨んで運悪く当日エンジンがかからないってケースもあるので…。

 

修理費用のかかる部分は直さず査定へ!

もちろん中には、大きな不具合、致命的なダメージが発見されるケースもでてくるでしょう。そういった場合はもう売却するって割り切ってそのまま査定に出しちゃった方が間違いなくお得です。

もちろん指摘される前に、こちらから申告し、まずは査定スタッフさんの信頼をゲットしておきましょう。地味に黙ってて後でバレるとせっかくの信頼関係が崩れて査定額にも影響でますからね。

そもそもバイク買取店をはじめ、プロの業者に売却するのなら、多少のダメージや不具合って、こちらが考えている程大きなマイナスにならないんですよ。

大きな店舗では自社工場もあるし、たいていは提携工場で格安で修理・部品交換できちゃうもんですからね。

エンドユーザーの半値とかで修理できるわけだから、減額も大したことないので、思い切ってこちらから申告した方が良いかと思います。