バイクブーンの査定は安い!?バイクブーンで高額買取になる車種とは

売却するユーザーさんの意見だけでなく、買取側の立場でバイク売却を考えるのが当サイトのコンセプト。

そんな当サイトに先日「バイクブーン買取 安かった」なんてショッキングな検索ワード経由でこられたユーザーさんがいたみたいです。

そうかなぁ…。

元査定士の俺からみれば某大手バイク買取店の査定額に比べれば、かなり良心的な査定額を提示する店舗って思うんだけども。※某大手バイク買取店についてはご想像にお任せします(笑)

まあバイクの査定額なんて、車種や状態、その日に足を運んでくれた査定スタッフのよっても、大きく変わってくるでしょうからね。

バイクブーンでそれほど査定額が低いって場合、悪い査定スタッフに当たったと思って、バイクブーンは諦めて他の店舗で高額査定を狙うのがいいかと。

そもそもバイクブーンは特定の車種にめっぽう強い店舗なんです

で、今回の検索ユーザーさんの愛車が、バイクブーンで査定額が安かった理由をしばらく考えてみました。

当サイトでも、査定を受けておくべき店舗のひとつとして紹介しているバイクブーンの査定額が安いなんて少し納得行かなかったものですから…。

 

というのもね…

当時、出張査定で毎日のようにオーナーさんとこに出向いて査定している時、何度もバイクブーンの査定スタッフさんとバッティングした事もありますし、査定に伺ったらすでにバイクブーンでの査定を終えていたケースも多々ありました。

その時にバイクブーンさんの査定額も、教えてもらうわけですが、正直それほど安い査定額なんてパターンは無かったような気がしますもん。

とくに旧車関係、ハーレー、ドカティ、トライアンフ等の外車関係の査定額なんて、正直、ウチじゃ無理って査定額を一発で出しちゃっていたケースもあったのでジャンルによってはもっとも高額な店舗かも…。って記憶しています。

そもそも何を基準に査定額が安かったのか?

あとね、バイクブーンに限った話じゃないんだけれども、

査定額が安かった…と考えてしまう方に多いのですが、

そもそも愛車の価値を高く見積もりすぎている!

といった人が非常に多い気がします。(別に今回のバイクブーンが安かったというユーザーさんの事を言ってるわけじゃありません)

 

というか、バイクの査定額なんてものはですね。

バイク買取店の査定スタッフ、もしくは中古バイク販売店のスタッフ、もしくは中古バイク業者オークションの関係者じゃなければそう簡単にイメージできるものじゃありません。

業者オークションの取引相場とか、人気の有無、モデルチェンジの有無なんて部分も査定額に関係してきますから、関係者でも下手すれば誤った査定しちゃうこともあるのですよ…。

つまりいくら愛車として乗ってこられたオーナーさんでも、自分の愛車の買取相場についてはそう簡単に調べることができないということ。

なのでネット上の中古バイク相場の情報、実際に中古バイクとして流通している販売価格なんかを参考にしたところで、まったく実際の買取相場とはかけ離れた場合が多いといえるでしょうね。

 

ってことはね。

そもそもの愛車の希望査定額そのものが無謀な金額って可能性が高いのかもしれません。

そういった場合、バイクブーンで安いだけでなく、他の買取店舗でも同じように査定額が安いという結果になるかと思われます。

そんな場合、残念ながらバイク買取店の査定額が安い…と思うよりも、自分のイメージしていた希望の査定額が現実とかけ離れていたって考えた方が良いかもしれませんね。

バイク買取店には、それぞれ得意なジャンルがある

あとはね。

バイクブーンでいうところの、旧車関係やハーレー、ドゥカティ、トライアンフといった外車関係のように、各バイク買取店で買取に強いジャンルって必ずあるわけです。

つまり、査定を受ける車種とバイク買取店の相性って部分が査定額に大きく関係している。

今回のようにバイクブーンで査定するんだったら、やっぱりビッグスクーターなんかを査定するよりも、初期型のゼファーを査定に出した方が相性は合ってる分、高額に査定されるのは間違いないわけ。

なので愛車のジャンルをよく考えて、そのジャンルに強いバイク買取店で出張査定するのは、基本中の基本だって思いますよ。
とはいえ、

愛車のジャンルの買取に強いバイク買取店はどうやって見分けるのか?

と考える人もいるかと。
そんな場合、まずは公式サイトで現在の実施キャンペーンを確認すれば、ある程度のバイク買取店の傾向は見えてくると思いますよ。

それでもピンと来ない…。

だったら気になるバイク買取店から、2つ3つピックアップしてまとめて査定を受けちゃうのがおすすめ。数撃ちゃ当たるじゃないけれど、多くの店舗で1人でも多くの査定スタッフに査定してもらった方が、間違いなく査定額は高くなるものだからね。

上手に交渉すれば、相乗効果でどんどん査定額が上がるなんて嬉しいケースもあるもの。

というわけで、今回のように、バイクブーンで安かったからといって、単純に車種や状態がバイクブーンの欲しいバイクじゃなかっただけで、他店舗では買取強化しているって場合も少くありません。

基本的にバイクブーンも査定しておくべきい1社ではありますが、そういった安くなるリスクを考えた場合、同じ規模のバイク買取店のいくつかで査定しておくのが鉄則かと思うなあ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です