ローン返済中のバイクを売る場合の注意点

通常、新車はもちろん、そこそこの金額のバイクを購入する場合、バイク販売店で用意してくれたローン会社を利用してローンを組まれる方が多いかと思われます。

もちろんローンを組んでバイクを購入すること自体は何の問題もありません。

逆に一括で購入できる人は羨ましいなぁ…なんて(笑)

で、売却の話ですが、ローンが完済されていないバイクを売却する場合、通常の売却パターンと微妙に手続きが変わるというのが今回のお話。

ローン返済中のバイクを売却する場合、ローンを精算する必要がある

まずローン返済中のバイクを売却する場合、元査定士としては現在のローンを一度精算してしまう事をお勧めしときます。

そもそも売却してしまったバイクのローンを支払い続けることは、なんだか虚しいですし、何より返済のモチベーションが持続しませからね。

それに、新しいバイクと今のバイクのWローン…で、返済に行き詰まるケースも考えられなくも無いですし。

なのでローン返済中のバイクを売却する場合…

 

残債を一括で完済する…もしくは事情によって完済できない場合は、もうしばらく売却を我慢する

という選択肢から選ぶのが個人的にはベターかと。

ローン完済まで待てないんだけども…

とはいえ。

諸事情によってローン返済中でも売却しなければ。といったシチュエーションもあるかと。

  • 引越した先の建物にバイク保管場所が無い…
  • 職場が変わってバイク通勤できなくなった…
  • 単純にバイクから車に乗り換える…

といったやむを得ず売却する場合もあるもんです。

そういったやむを得ずローン返済中のバイクを売却する方。まずは愛車の所有者の有無を確認してみましょう。

ローン返済中のバイクといっても、所有権の有無によって売却方法が微妙に違ってくるわけで、最初に車検証(登録書類)の所有者の欄とご確認した方がいいかもしれません。

 

ちなみにこの所有者の欄がご本人名義の場合、

この場合のバイクはローン返済中であっても、所有権はあなたの帰属するわけです。

つまりバイクに残りのローンが残っていようが、そのバイクはあなたのモノ。

当然ですが残りのローンを払う義務はあります。けれども売るのも売らないのもあなたの自由。

買取側からみても、ローンが残っていようがまったく取引に関係ありません。

…もうご自身の判断で勝手に決めちゃって下さい。

 

で一方、車検証や登録書類の所有者の欄がローン会社や購入店舗の場合。

この場合、所有権が他人のままじゃバイクの売買はできません。バイクに限らず他人名義のものを売買してしまえば犯罪ですね。

つまり、何らかの方法を考えて、所有権を自分の名義に移すことが必要となってきます。

 

そこで考えられる方法は…

  • 残りのローンを一括で完済して、ローンの完済証明書を用意してもらい、所有権のローン会社や購入店舗の所有権を解除する
  • または一括返済できない場合、不足分については、買取店舗で用意するフォロークレジット等を利用して残りのローンを完済する→所有権の解除
  • もしくは、所有権の無いフレーム以外の部分としてバイクを査定してもらい、その買取金額で残りのローンを完済し、後日すべて買取ってもらう

といった方法が一般的だといわれています。

売却先はローンがどうであれ買取可能です

つまり…

ローンが返済中であろうが、名義人が他人であろうが、中古バイク販売店やバイク買取専門店に売却する場合、何らかの方法で買取ってくれます。

普通に考えても、ローンの残債の有無、所有権の有無で買取不可になるケースは心配しなくていいかと。

 

というかね、バイク買取専門店としては1台でも多くのバイクを買取したいのが本音なのですよ

…だからどうにか買取できる方法を意地でも見つけ出すのですよ(-_-;)

なのでローン返済がネックとなって、売却を迷っている場合、まずは各売却先の窓口から相談してみるのがいいかなと思います。

 

とくに車検証や登録書類の所有者の名義が違う場合なんかはね。

ローンの完済証明書を用意したり所有権解除の手続きしたりと、手続きが複雑になってくるわけですよ。

だからオーナーさんとしては、細かい部分まで手続きを説明してくれたり、しっかりと面倒みてくれる売却先に買取ってもらった方が、手間も負担も少くなるのでおすすめといえますね。

ま、もちろん査定額が高いことも大事といえば大事ですども。

ローン返済中でやむなくフォロークレジットを利用する場合

で、

完済するにも、どうにも一括で返済する現金が用意できない…といったケースもけっこう多いかと。

この場合、所有権の対象じゃない「フレーム以外のパーツ」を査定してもらい、まずはその代金でローンを完済する…

といった方法もありますが、一般的にはそういった面倒なことするよりもフォロークレジットを利用する方が多いわけです。

(※フォロークレジットとは、各売却先が提携したローン会社によって、新たにローンを組み替えるということです)

 

だたね…

その場合、フォロークレジットの実質年率なんかを必ずチェックしときましょう!

 

新車のバイク、50万だの100万だのといった支払いの場合、多くのオーナーさんはローン会社の実質年率を一生懸命にチェックして、利息を計算したりするのが普通かと思われます。

しかし一方、

バイクの買取で利用されるフォロークレジットに関しては、なぜだか細かくチェックする人が少ないわけです。

むしろフォロークレジットの実質年率なんかよりも、査定額だけで選んでしまう方が多いなぁと…。

 

しかしですね。

フォロークレジットとはいえ、今後支払っていくローンには変わりありません。なので少しでも条件の良いローン会社を利用した方がトータルの支払いも少ないのは間違いないわけですよ。

なので元査定士からのアドバイスとしては…

フォロークレジットを利用する場合、査定額の高さ+フォロークレジットの条件といった2つのバランスで売却先を選ぶのが鉄則といえます。

 

目先の査定額が少し高いって理由で、高い利息を払い続けている人…けっこう沢山いますからね。

なので、最後まで完済した場合の支払額をシミュレーションしてから売却先を決定しましょう。

ちなみに査定額もそこそこ期待できる、でもってフォロークレジットも悪くない、そういった売却先ならば、以下の買取専門店あたりは悪くないかなあと思いますけどね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です