ヤマハ ドラッグスターを売却するおすすめの店舗は?

バイクの売却先選びを応援する当サイトに昨日「ヤマハ ドラッグスター 売却」といった検討フレーズから訪れたくれた方がおられました。

察するにドラッグスターのオーナーさんの方で、もっともおすすめの売却先を知りたかったわけですね。

そこで今日はそんなドラッグスターのオーナーさんのためにおすすめの店舗について考えてみたいと思います。

国産の中型アメリカンバイクに強い売却先とは

でね。

ちょっと現実問題としてヤマハ ドラッグスターだけに強い売却先なんてありませんので、ここは国産中型アメリカンの買取りに強い店舗って考えてみましょう。

なのでライバル車種である…

  • ホンダのシャドウ
  • スズキのイントルーダー・クラシック
  • カワサキのバルカン

この辺りも含めて、この手のバイクにおすすめの売却先ってことで進めたいと思います。

で、ドラッグスターをはじめとした国産アメリカンの売却の場合、まずは中古バイク販売店と買取専門店といった選択肢があるかと思います。

中古バイク販売店といえば、大手のレッドバロンやバイカーズステーションSOXのような店舗、それに地元のバイク屋さんといった感じでしょうか。

で、当サイトとしては国産アメリカンの場合、まず最初に選択肢を減らす意味でも、中古バイク販売店での持込査定は外したいと思います。

 

中古バイク販売店ではドラッグスターを高額で査定できないケースもある

というのもね。

国産アメリカンの売却全般にいえる事なんですが…

ロードスポーツバイクやビッグスクーター、大型バイク等のジャンルに比べて、車種や程度、カスタム状況に非常に強いコダワリを持っているユーザーさんが多いってのが理由です。

そもそもドラッグスターやシャドウ、イントルーダー、バルカン等の国産アメリカンは、他ジャンルのように機能性や走行性能といった部分よりもバイクの外観、雰囲気を重視しているユーザーさんが多いですからね。

なので中古バイク販売店としては、入庫したところでマッチする購入層を見つけることができない場合、いつまでも在庫してしまうってリスクを伴います。

 

コダワリの強いユーザーさんが多いのでなかなか買い手がみつからない

なのでね、他のジャンルのバイクのように、とりあえず入庫して店頭に並べておけば、勝手に買い手がみつかる事は少いわけですよ。

つまり販売店としては、自分の店舗にピッタリの車種、もしくは既にお客さんから車種限定で客注を受けている場合の除いては、不良在庫の可能性を考えて、あえて高額で査定してまで買取しないのが一般的かと。

つまりドラッグスターのような車種の場合、突然、中古バイク販売店に持ち込んだところで、よほどの偶然でもない限り、思ったような査定額がつく可能性は極めて低いかと思われます。

逆にアメリカンバイクの専門店ならばどうなのか?

そこで国産アメリカンオーナーさんは、たまに見かけるようなアメリカンバイクの専門店ならば高額に査定してくれるのでは…といった希望的観測を持つかもしれません。

しかし残念ながら、そう簡単な問題ではありません。

まずアメリカンバイクの専門店の店舗というのは、店舗数としては、まだまだ少ないので、お住まいの地域によってはそう簡単に見つけることはできません。

つまりお住まいの近くにアメリカンバイクの専門店を見つけること自体が、非常に大変なことだといえる。

で、運良く見つかった場合でも高額査定になる保証なんてありません。

この辺りは、アメリカンバイク専門店の方向性にもよりますが、多くはハーレー等の本格的なアメリカンバイクのカスタムなんかを中心に扱っているはずです。

基本的に国産アメリカン、それも中型をメインに扱っているアメリカンバイク専門店なんてありませんからね。

国産アメリカンは専門店からみれば中途半端なジャンル

例えばそういったハーレー等を中心に扱っている販売店の場合、ヤマハドラッグスターを購入したい客層は、正直言って期待できません。

国産アメリカンを売却してハーレーに乗り換えるってお客さんは多いかもしれませんが、反対にハーレーを売却してドラッグスターやシャドウ、イントルーダーのような国産アメリカンに乗り換える方は非常に少ないはず。

つまりアメリカンバイク専門店にとっても在庫しておきたいバイクでは無いってわけです。

もちろん自分の店舗でハーレーに乗り換えるってお客さんの下取りバイクがドラッグスターなんて場合はそれなりに査定すると思いますよ。

ですが売却のみのオーナーさんから、不良在庫になるかもしれないドラッグスターを、わざわざ高額で買取る必要なんてそもそもありません。

もし買取った場合でも、不良在庫の可能性も十分に考えた安い査定額になることは覚悟しておきましょう。

在庫の概念の無いバイク買取店が無難に査定がいい

そこでドラッグスターのような国産アメリカンを安定して高額で買取るならば、買取専門店が無難な選択だといえるでしょうね。

 

というのもね。

バイク買取店は買取りしたバイクを点検整備後、即座に高額で売却できる相手に売却してしまいます。

エンドユーザーではなく、業者オークション、自社店舗、海外輸出のような確実に売却できる相手に販売するわけです。

…つまり在庫という概念が無いわけ。

 

業者オークションであれば、確実にドラッグスターを探している業者が入札を繰り返すわけです。なので適正の取引額で売却できる。

確かにエンドユーザーに直接売却する販売価格よりはいくらか安い金額ですが、在庫せずに確実に売り切ることが可能なわけですよ。

だからドラッグススターだろうろシャドウだろうと、車種にこだわらずに適正な査定額を提示することが可能なのです。

バイク買取店の中でもドラッグスター売却におすすめなのは…

そこで数多くのバイク買取店の中から、どの売却先を選べばいいのか?

うーーん、ドラッグスターやシャドウのような国産中型アメリカンの場合、当サイトの見解としても非常に微妙な気がします。

これがですね。ハーレーの883とかであれば、まずはハーレーの買取りにめっぽう強い、バイクブーンを筆頭に他の2社程度で査定しておけば良いのでは…といったことも考えます。

 

しかし国産、それも400ccのアメリカンバイクとなると、ハーレーの買取りに強いバイクブーンが確実に高いかっていえば正直、微妙な気もするんだよなぁ。

国産アメリカンの400って感じなら、バイク買取店の違いよりも、実施している買取キャンペーンや各種のキャッシュバックキャンペーンをどこまで利用できるかって方が大きいかもなあ…って気もします。

まずは公式サイトで、国産アメリカンの買取強化車種をチェック、そしてドラッグススターを含んだキャンペーンを実施している会社を中心に2つ3つの店舗で無料査定を流してみる。

…というのは賢い選択なのでしょうか。

因みに、そういった国産アメリカン(もちろんロードスポーツでも)の査定が安定して高額な店舗をピックアップしているので、こちらから各種のキャンペーンをチェックしてみるのがいいかと。