レッドバロンのバイク買取は査定額が悪い!?中古バイク販売店の査定の特徴

そういえば、当サイト管理人の運営する他のバイク関連サイトのユーザーさんで、先日「レッドバロン買取 査定悪い」といった検索ワードを経由してこられた方がいました。

やっぱり中古バイク販売店に持込んで査定・・と考えた場合、真っ先に思いつくのってレッドバロンて人が多いですからね。

それだけに口コミとか評判も気になるかと…。

そこで今回はレッドバロンの買取にフォーカスして書いていこうと思います。

評判は確かに悪いのが目立つけども、むしろ中古バイク販売店の中ではいい方

で、誤解されないように最初から結論を書いちゃいますけど、決してレッドバロンの買取の査定額は、悪い方がじゃありませんからね。

過去にレッドバロンでも何台も売却してきた管理人の経験からも、レッドバロンの査定は悪い方ではないって断言できますね。

今回の検索ユーザーさんが、どういった意図で「レッドバロン買取 査定 悪い」と検索したのか知りませんが、むしろ中古バイク販売店に持込査定に絞って考えた場合ね…

個人的には、査定額の高いバイク販売店といっても良いかとおもいますけども。

 

もし本当にレッドバロンに持込んで査定してみたところ、査定額が安くてネットで検索したのだったら、どうやって持込んでどのように査定交渉したのか、逆に疑問を感じてしまいますね。

あっ…もしかしたら「レッドバロン買取 査定 悪い?」といった感じで疑問形で入力するつもりだったとか。
とにかく。

レッドバロンはバイク買取専門店よりも3万円アップキャンペーンとか実施するくらい買取を強化している店舗だし、持込査定なら利用すべき店舗のひとつだといえるって思いますよ。

バイク買取専門店と比較すること自体が間違っている

で、今この記事を書いていてふと考えたんですが…

もしかしたらレッドバロンを普通のバイク買取専門店の査定と比較してしまったのでは?

ということ。
例えばバイクワンとかバイクランド、そしてバイク王といった、いわゆる買取の専門店とよばれる店舗の査定額をレッドバロンの査定額と比較して、レッドバロンが安かった…みたいに。

 

確かにこういった買取の専門店の査定額と比較しちゃった場合、レッドバロンにかかわらず中古バイク販売店の持込査定は安くなる傾向があります。

なのでその辺は単純に比較しちゃけないなあと思います。

とはいえ、バイク売却に慣れていない人の場合、バイク王もレッドバロンも同じバイクの売却先って認識で混同してケースも多いので仕方ありませんけどね。

そもそも査定スタイルだけじゃなく、営業形態そのものが違うって事を大前提として知っておくと良いかと思いますよ。

中古バイク販売店と買取専門店は買取の目的が違うもの

普通の方の場合、レッドバロンなら持込んで査定、バイク王なら自宅まで査定スタッフが来てくれる…。こういった査定スタイルの違いくらいしか感じていないかと思います。

 

ところがね。

レッドバロンやバイカーズステーションSOXを始めとした中古バイク販売店でのバイクの買取と、バイク王やバイクランド、バイクブーンにバイクワンといった買取専門店の買取は、そもそも目的が違うわけですよ。

 

簡単にいってしまえば…

中古バイク販売店の場合、そもそもバイクを販売して利益を追求するわけです。

その購入するユーザーさんを獲得するための手段として、古いバイクをそこそこの金額で下取りする。

…いわば販売に付随したサービスの一貫ということ。

 

なので買取ったバイクを再販して利益を出そう…といった部分にはそれほどこだわっていないといえます。

…というか、自店舗のバイクが売れることが目的ですから、下取りがあれば買取るし、無ければ無いで一向に構わないという感じかな。

バイク買取専門店は買取り対してストイック

それに対してね。

バイク買取専門店は、バイクを買取して再販することで利益を追求しているわけなのですよ。

つまり販売に関しては業者オークションや海外に輸出したりと、間違いなく再販ルートは確保しているので、重要なのは…

どれだけ多くのバイクを買取ることができるか…という部分。

 

1台買取が成立すれば、確実に幾らかの利益が見込めるわけですから、利益が低かろうが、とにかく多くのバイクを買取りたいのが本音の部分。

なので買取りに対するストイックさが中古バイク販売店とは別物ということ。

買取りに対する姿勢が査定額にも出る

やっぱり、こういった買取りに対するストイックさというのは、査定額や査定スタッフの対応にも出てくるものです。

中古バイク販売店の場合は自店舗で販売するのが通常ですから、すぐに買い手がみつかりそうなバイクしか高額査定しない傾向がありますが、バイク買取専門店は違います。

確実に再販できるルートもあるため、在庫とか売れ残るという概念が存在しません。

 

つまり買取ったバイクは絶対に売却できるし、利益も出ると考えます。

なので再販(業者オークションに出品)して少しでも利益が望める場合、限界の査定額まで強気で提示できてしまうのですね。

稀にレッドバロンで売るべきバイクもありますけどね

とはいえ。

バイク買取専門店の査定がすべてのバイクで高額になるのか??

というと、じつはそんな事も無いわけです。

 

これは再販のパターンの違いから仕方の無いことですが、バイク買取専門店の場合、買取ったバイクは十中八九、業者オークションに放出します。

つまり確実に売却できるメリットもあるけどれど、価格は業者価格ということ。いわゆるエンドユーザーが購入する価格よりも相当低いわけですね。

 

しかし一方、レッドバロンのような中古バイク販売店の場合、自店舗でエンドユーザーに直接の販売が可能です。

これは業者オークションの経費もかからず、販売価格も高めに設定できるため、買い手が見つかった場合、店舗としては非常に美味しい状態なのですよ。

つまりですね…

いつ頃売れるのか分からないバイクは最悪パターンも考えて安く査定するけど、確実に1~2ヶ月で買い手が見つかるであろうバイクだと、買取専門店よりも強気に査定する場合もあるってこと。

 

なので話題の車種、常に人気のある定番の車種

こういった車種に限っては、レッドバロンの方が高額になる…という可能性は十分にあるといえるでしょうね。

とはいえ、レッドバロンではバイク買取専門店よりも3万円アップのようなキャンペーンを実施しているわけです。

最終的にレッドバロンに持込むことを考えても、まずはいくつかのバイク買取専門店で査定して比較してみるのが賢明だとは思いますけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です