バイクの走行距離と査定額の関係とは

バイク売却を指南する当サイトには様々なバイク関連の検索ワードでこられる方がおられますが、先日「バイク査定 走行距離」なんて検索ワード経由でこられた方がいたようです。

まあ、確かにバイクを査定してもらう場合、少なからず走行距離は関係してくるわけですからね。

今回はバイクの査定額と走行距離について書いておきます。

確かに過走行だと査定額は下がるものですが

愛車の走行距離が2万とか3万とか走っている場合。

こんな過走行なバイクでは査定がつかない、もしくはタダ同然の金額で買取られてしまうのでは…と心配な方もいるかと。

普通に考えても中古バイク販売店の店頭に並んでいるバイク。その多くは最近のバイクの場合だと5,000~1万キロ程度、古いバイクでも1万~2万キロ程度というのが中心かと思います。

まあ2万、3万走行したバイクもあるにはありますが、非常に少ないですからね。

そういった部分を考えてみれば、やっぱり走行距離は査定額に少なからず影響するのは間違い無いかと。

…やっぱり購入者からみれば、走行距離はバイクの状態を知る上でひとつの判断基準になるわけですからね。

なので残念ながら、2万とか3万キロ、もしくはそれ以上の過走行の場合、相応の査定額になるって事を覚悟しておくといいかもしれませんね。

走行距離よりバイクの状態が大切

ただですね。

バイクの走行距離が少ないから高くなる。逆に走行距離が多いと安くなる。

というのが絶対かといえば、そうでもないのがバイク査定だともいえるのですよ。

 

例えばこれから中古バイクを購入する方の立場になって考えてみて下さい。

店頭に並ぶ自分のお目当てのバイクが2台あったとします。2台ともほぼ同年式で、1台は走行距離が5,000キロ、程度はそこそこ、

でもって、もう1台は走行12,000キロ、ただ程度は極上に近い状態。

こんな場合、店頭価格は通常なら5000キロのバイクが数万円は高く設定されているのが一般的ですね。
じゃ、この場合、どちらのバイクを購入すべきバイクなのか?

もう迷わず後者の12,000キロの極上に近いバイクを購入した方がお得だと思います…というか実際に店舗では先のこちらが売約されるかと思われます。

 

つまりですね。

走行距離というものは、単純にバイクの状態を分かりやすく判断するため目安なのですよ。

なのでいくら走行距離が少なくとも、実際にバイクの状態を細部まで確認して、他のバイクより劣っていれば、やっぱりバイクの状態を優先して判断した方が間違いありません。

そもそもバイクに乗る頻度の高い方であれば、年間は8000キロ、もしくはそれ以上の距離を乗るもの。あまり乗らないサンデー系の方もで年間では3000~4000キロは乗られるかと。

どうせ5,000キロのバイクを選んだとしても、1~2年で12,000キロには到達するわけです。

つまり今回の例であれば、走行距離が倍以上の12,000キロのバイクの方が状態が良ければ、そちらが購入すべきバイクというわけですね。

そもそもメーター改ざん・メーター交換といった可能性も捨てきれない

と、ここで話はそれますが…。

中古車市場なんかでもよくある話ですが、中古バイクでも少なからずメーターの改ざんとか、メーター交換によって走行距離が不明瞭な車両は少くないといわれています。

それは中古バイク販売店や関係者が故意に行なった悪質なパターンもあれば、事故や故障によってやむなくメーターやフロント周りを交換した場合もあるわけです。

もちろん中古バイク販売店としても、入庫する前にそういった改ざんやメーター交換をなされているケースもあるため、把握できないのが実際のところかと。

 

なのでね。

やっぱり中古バイクを購入する場合、メーターの示している走行距離だけを信じちゃいけないのですよ。

そういった悪質な業者はごく一部でしょうが、中古バイクにはそういった怪しい車両も含まれている…と心に留めておく必要があるということなんです。

なので中古バイクを購入する際、走行距離は「ちょっとした判断基準」程度に留めておきましょうね。あくまで大切なのはバイクの状態。

バイク買取の査定でも、走行距離よりバイクの状態が大切

で、話をバイク買取に戻します。

上記のように中古バイクを購入する時は、メーター改ざんやメーター交換の履歴を疑って、車両の状態で選ぶ!

と説明した通り、やっぱりバイクの買取においても、走行距離よりもバイクの状態・メンテナンス具合なんかが重要となってきます。

言い換えると、例え走行距離が2万オーバーだったとしても、しっかりとオイル交換やブレーキパッドの交換しているバイク、それに室内保管やガレージでしっかりと保管されていたバイクならそれなりに高額で査定します。

逆に走行距離が1万キロ以下だったとしても、乗ったら乗りっぱなし…。オイルやブレーキパッドもまったく交換しない…。それに屋外のバイク置き場で雨ざらしに近い状態…。

そんなバイクは、やっぱり走行が少くても査定額は大きく減額されるものです。

つまりね、愛車の走行距離が多くて査定がつくか心配…という方、まずはそういった保管場所や、愛車のメンテナンスを再確認してみるのがいいかと思います。

そもそも走行距離は増えることはあっても、減ることはありません。

つまり現状の走行距離はどうにもならないわけですから、バイクの状態を少しでも査定前に改善して、減額ポイントを減らしておくのがいいかと思いますよ。

過走行バイクはどこで査定するべきか?

 

例えば3~4キロ万オーバーとか、一般的に過走行と呼ばれるバイクの場合、もし査定するなら中古バイク販売店よりもバイク買取の専門店がいいかなぁと思います。

というのも、中古バイク販売店の場合、買取したバイクは自分の店舗で販売することになります。

先ほど、走行距離よりもバイクの状態が肝心…なんて言いましたけどね。

いくら状態が良好だとしても、やっぱり通常の日本人の感覚としては走行距離が3万とか4万になってくると不安になってくるわけです。

…ま、古いハーレーとかカワサキの旧車みたいな場合は別ですけどね。

そうなると、やっぱり状態がどうであれ販売価格も安くしなければ売却できないことになる…よって買取の査定額も安くなるとか、場合によっては買取不可なんてことも。

販売ルートの多いバイク買取店が過走行車両に強い

なので走行距離の多いバイクは迷わず、バイク買取の専門店がいいです。

大手のバイク買取店の場合、業者オークションに販売するわけですから、まず間違いな買い手はみつかります。もし走行距離によって業者オークションが無理そうな場合は、海外に向けて販売するルートも持ち合わせています。

もう海外になっちゃうと、3~4万キロなんて普通…というか修理して10万とか15万キロとか普通に走行しちゃうものです。

なので海外に売却できる車種の場合、海外も視野にいれて査定してもらえます。

とはいえ。

過走行のバイクの場合、買取店による査定基準も大きく違うでしょうから、念の為にいくつかのバイク買取店で査定しておいた方が間違いないとは思いますけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です