中古バイクを売るときにおすすめの店舗を考えてみる

もちろん当サイトでは何度も口酸っぱく説明してきましたが、中古バイクを売却するとき、まずは買取専門の店舗に査定をしてもらいましょうとお伝えしてきました。

でも…

  • なぜ買取専門店じゃなければいけないのか?
  • なぜ中古バイク販売店(レッドバロンとかSOX)とかに持ち込んじゃいけないのか?

という部分が引っかかる方もいるかと思います。

この理由というのはですね…

もっとも大きな理由としては、愛車の適正な相場を知っておきたいから…です。

つまり、裏を返せばレッドバロンにしてもバイカーズステーションSOXにしても、中古バイクを本来の価値で査定してもらえないケースが多いわけです。

 

もっと簡単にいってしまうとね…。

中古バイク販売店の持込査定では、店舗の在庫している車両の関係や、店舗の客層が査定額に反映してしまうため、ハッキリいいますと本来のバイクの価値で査定することは非常に難しい…というのが実情です。

 

なので当サイトでは、本来の愛車の査定相場を知りたければ、最初にバイク買取の専門店で査定しておきましょう…と何度も説明してきました。こういった裏事情があるからですね。

店舗の在庫状況で適正に査定できない販売店の実情

例えばですよ。

レッドバロンに2008年式のヤマハのドラッグスター400クラシックを持ち込んだオーナーさんがいます。このオーナーさん、残念ながら査定交渉の末に最終的な金額が30万円が限界といわれたそうです。

まあ確かに、レッドバロンの査定額も足元をみるような安い査定額という事はありません。至ってまっとうな査定額ともいえるかもしれません。

 

でもね。

この手の2008年式のヤマハのドラッグスター400クラシックだったら、ウチの査定基準だったら、正直な話、程度や走行距離にもよりますが、マックスで40万近くは出すことができるわけで…。

もちろんウチの査定基準が特別ということはありません。むしろ他のバイク買取店なら40万オーバーの店舗もあるかもしれません。

というか実際、こちらのオーナーさんのドラッグスターはレッドバロンで売却せずに、ウチの買取で38万で成約させていただきましたけれども。

当時の中古バイク業者オークション相場を考えたら、40万で買取させていただいても、十分に利益を出すことができましたからね。

では、なぜレッドバロンは買取相場に比べ、これほど低い査定額を提示していたのか??

中古バイクが店舗にダブついていると査定額は上がらない

つまりはこういうことです。

おそらくオーナーさんが持ち込まれたレッドバロンの店頭には同車種、もしくは類似車種の在庫がダブついていたのかなぁと推測します。(実際のところは分かりませんが…)

中古バイク販売店としては、販売スペースの都合上、中型ロードスポーツ系、アメリカン系、外車、ビッグスクーターと一通りバランス良く揃えておく必要があるわけです。

しかし入庫しても、僅か2~3日で買い手がみつかるバイクもあれば、半年間も買い手がみつからないバイクもでてくるわけです。

そういった繰り返しによって、ドラッグスター(もしくは類似車種)の在庫が増えすぎた場合、店舗としては、これ以上同じ車種を買取したくない…というのが本音かと。

つまり、適正な査定額を提示してまで買い取る必要が無い状態…というのが正直なところかと。

バイク買取の専門店で愛車の相場を知ることで他の売却先も検討できる

上記の理由から、中古バイクを売る場合、まずは在庫状況に左右されないバイク買取店で査定した方が良いのは納得してもらえるかと思います。

でもバイク買取店というと。

  • 査定スタッフが買取成立まで帰ってくれないのでは…
  • 怖ーい査定スタッフが、威圧的な態度で、強引に買取っていくのでは…

なーんて心配な方もいるかと。確かにネット上の古い書き込みなんてみると、そういった恐ろしい体験談も見つかるものです。

 

でもね…。このSNS全盛時代にですよ。

そういった買取スタイルなんて行ったらね、一瞬で炎上して、まともに営業なんて続けることできませんから(笑)

今では良い口コミはなかなか拡散しませんが、悪い口コミであれば秒殺ですからね。ツイッターやフェイスブック、ネット系のニュースサイトまで拡散する経路は様々…。

なので各バイク買取店としては、オーナーさんとの対応にはもっとも注意している部分なわけですよ。

というわけで、地方の小さなバイク買取店ならまだしも、大手の知名度高いバイク買取店であれば、100%そういった査定スタッフなんていませんから、その手の心配は不要かと思います。

 

知名度のあるバイク買取店を幾つか選んで査定する

なんだか話が大きく逸れてしまったので、ここで本題に戻したいと思います。

 

結論からいってしまうと…

元バイク買取の査定士の経験からアドバイスした場合、まずは知名度のあるバイク買取店のいくつかで無料の査定をするのが理想的かと思います。

 

でね…、この「知名度のある」という部分がポイントです。

というのも、今では数多くのバイク買取店という店舗が存在しています。

中には本当に買取専門店なのか??というくらい知識の乏しい店舗まで存在するのが実情です。

多くの店舗は出張査定は無料なのですが、中には「買取が成立した場合に限り無料…」といったケチな買取店も少なからず存在しているのも事実。

 

なので買取が成立してもしなくても、確実に無料で出張査定に来てくれる店舗、という意味でも知名度のある買取専門店を利用しておけば安心かと思いますね。

で、まずはバイク買取店の中で最高額の査定額を知るためにも、幾つかの店舗で査定を受けてみる。

そして納得できない場合は、その査定額を用意してダメ元でレッドバロンや街のバイク屋さんに持込んでみる…というのが効率的かつ、もっとも高額になりやすいのは明白かと。

 

基本的にバイク買取店→中古バイク販売店の流れが通常です。

ただ車種によっては買取専門店→インターネットオークションといった流れの方が高額になるってケースも稀にあるといわれています。

その辺りはご自分の愛車のタイプ、希少性なんかと相談して決めてもらえば良いかと思います。