動かないバイクの買取におすすめの売却先とは?

定期的にメンテナンスを続けていたバイクは別として、何らかの理由によってしばらく放置されていたバイクの場合、いざ売却しようと思ったら「動かない…」といったケースもあるかと思います。

もし動かないバイクを売却する場合、通常の状態と違って出張査定のバイク買取店、もしくは出張査定に対応しているバイク販売店のどちらかから選択することになってきます。

また動かないバイクの場合、動かない理由やバイクが動かない原因によって、最悪は買取不可という可能性も少なからずでてきます。この辺りも査定申し込み前にある程度は覚悟しておいた方が良いかもしれません。

動かないバイクの売却先のおすすめは?

動かないバイクオーナーさんの方がもっとも気になる部分がココかと思いますが、いきなり結論から言わせてもらえばバイク買取店の出張査定がもっともお勧めといえるでしょう。

というのも、まず動かない状態ということで、バイク販売店での持込査定という選択肢は考えられませんよね(トランポとかトラックを所有している方は除く)

そこで考えられるのがバイク王を始めとしたバイク買取店の出張査定、もしくは大手のバイク販売店が行なっている出張対応の査定買取あたりといえます。

で、ここで注意してもらいたいのが本来は持込査定オンリーのバイク販売店の出張査定には有料のケースが少なくない…という部分といえるでしょう。

中には「出張対応は無料!」といいつつも、小さく注意書きで「買取不成立の場合は別途で出張査定費用を頂きます」という詐欺めいた出張査定を行なっているパターンもあるので注意が必要となってきます。

管理人も過去にこういった中古バイク販売店の出張査定を利用して費用を請求された経験もあるので本当に注意してもらいたい部分といえます。往々にしてそういった店舗は査定額も非常に安い…という傾向があるので気をつけて下さい。

で、こういった煩わしい心配をするならば、最初から一切無料で出張査定を行なうバイク買取店を利用しておいた方がはるかに精神衛生上良いかと思いますね。

というか実店舗を持たないバイク買取店の出張査定の方が、どんなバイクでも高額査定になるケースが多い気がしますね、経験上…。

もちろん動かないバイクに関しても喜んで出張査定に足を運んでくれます。動かない原因によっては買取不可となる可能性もありますが、その場合も出張査定費用とか発生しない部分が安心といえるでしょう。

動かない理由が単純な場合は、事前に改善するという方法も!

で、同じバイクが動かない状況でも、バイクによって理由も様々かと思います。

もし単純な理由によりバイクが動かない場合なら、ひと手間かけてバイクを動く状態に戻す…というのも選択肢のひとつといえます。

バイクの整備が得意な方の場合、そもそもバイクが動かない状況に陥らないはずです。基本的にバイクの整備が苦手な方、まったくバイクを弄れない方がほとんどかと思います。

そういった場合でも、バッテリー上がりやスパークプラグの不良といった程度ならば費用もかけずに復活させることが可能です。

上記の点検ならば特別な道具も知識も不要です、ネット上にも簡単にできる点検方法などいくらでもみつかるはずです。まずはバッテリーとスパークプラグだけでも確認しておくといいでしょう。

で、上記の部分に問題は無かった。という場合は残念ながら素人には修理不能な状態といえます。

乗り続ける車両ならバイク店に引取りに来てもらって修理…という流れですが売却予定バイクとなれば話は別です。潔く動かない状態で査定に臨んでみましょう。

基本的にエンジンが焼きついた等の致命的な状態でない限り、幾らかの査定額はつくのが通常です。0円で引き取る廃車引き取りサービス等を利用する前に、まずはバイク買取店の出張査定を2つ3つ受けてみるのがお勧めといえます。

わざわざ動かないバイクに2つ3つの査定を…と考えるユーザーさんもいるかもしれませんが、管理人の経験上、調子の良いバイクよりも店舗による査定額の違いが大きいのが特徴なのです。

最高額の店舗で10万、最低額の店舗で3万とか普通にあるのが不動車の査定です。少しでも高額で査定してくれる売却先をみつけるためにも最低でも2つ3つでは申込んでおくといいですね。