バイク王の買取は口コミや評判ほど安くない!申し込み前に知っておくべきポイント

何らかの理由によって愛車を維持できなくなった!

そんなバイク売却を控えたオーナーさんにとって、もっとも頭を悩ませる部分といえば「どこに買取ってもらえば愛車を高く査定してもらえるのか?」という事かもしれません。

ひと昔前なら中古バイクの販売店に持込むという一択でしたが、ネット環境の整った現在ならば、スマホから簡単に出張査定も申し込みできる上、時間に余裕があればネットオークションといった方法も選べますからね。

とはいえ、大部分のオーナーさんが真っ先に売却先として思い浮かぶのがバイク王ではないでしょうか?

バイク買取業界の最大手のバイク王、ネット上の口コミや評判こそネガティブなものが目立ちますが、買取実績は断トツなのは間違いありませんもんね。

そこで、バイク王の査定に申込むべきか悩めるユーザーさんに、バイク王の査定額、バイク王に申し込む前に知るべきポイントをまとめてみました!

バイク王の査定額は高いのか安いのか?

バイク王での査定を迷っているユーザーさんがもっとも気になる部分…「ぶっちゃけバイク王の査定額はどうなのか?」といった部分から説明しておきます。

そもそもバイクの車種やジャンル、買取地域、当日の査定スタッフなんかでも大きく結果が左右されます。

なのであくまで個人的な意見にはなりますが、「まずまずの査定額」というのが管理人の利用してきた感想ですね。最高額というケースも少ない一方、最低額というケースも無い…つまり標準的な査定額といった感じですね。

他のバイク買取店の場合、バイクの車種やジャンルによって査定額に多少のムラがでますが、バイク王の査定は一切ブレずに的確な査定額を提示するのが特徴だと感じてています。

なので複数店舗で査定する場合、愛車の買取相場を知る意味でも最初に受けておく一社といえますね。

バイク王は何故いつも的確な査定額を提示できるのか?

どんな車両でも必ず的確な査定額を提示するバイク王…でも何故いつもブレずに的確な査定額を提示できるのでしょうか?

これには諸説あるかとおもいますが、もっとも大きな部分は「断トツの買取実績と保有する買取データ」にあると管理人は睨んでいます。

そもそもバイク買取における査定額は、車種や年式、走行距離やダメージ具合なんかで算出されるといわれてますが、結局のところ、買い取ったバイクがそれ以上で売却できればOKの世界なのです。

つまり過去に同様のバイクを買取して、幾らで売却できたというデータを沢山持ち合わせているかどうかが非常に大切なのです。

そういった意味ではバイク買取業界で断トツの買取実績をもつバイク王は、間違いなくもっとも多くの買取データを持ち合わせている店舗といえます。

それだけにバイク王はムラの無い査定額、実際の業者オークション相場に近い査定額を提示できるというわけです。

バイク王の査定額は競合店舗での査定交渉で本領を発揮する!

ここまでの説明を読んでいただいたユーザーさんの中には、「最高額になるケースの少ないバイク王で、わざわざ申込む意味など無いのでは?」と思われる方もいるかもしれませんが、残念ながらそれは大きな間違いです。

たしかに最高額にならないケースの多いバイク王の査定額、そんな時間を費やすならば一社でも他の売却先で査定した方が良いと思うのも当然ですが、バイク王の査定額は、他の売却先の査定額を上げるrために非常に有効なのです。

バイク買取において少しでも高額査定をゲットするために、2つ3つの複数店舗で査定するのが承知の通り、鉄則といえます。

で、そんな競合店舗で査定を繰り返すときに売却ユーザーさんの交渉材料として効果を発揮するのが「バイク王の査定額」なのです!

やっぱりね、競合店舗にとってバイク王の存在は大きいようで、会社の規模やマスメディアでの露出で負けている以上、査定額で勝ちたいと思うのが競合店舗の査定スタッフたちの本音なわけです。

なので他の店舗では相手にしない査定スタッフでも、バイク王の査定額ともなれば嫌でも上乗せして査定額をアップする傾向が強いなぁと実感しています。やっぱりバイク王の存在って業界内でも凄いんですね…。

バイク王の査定は愛車の買取相場を知るためにも有効

ということでバイク王の査定額、金額に納得できればもちろんそのまま売却しても構いません。

ですが管理人としては、競合店舗での交渉材料としての利用価値が高いって考えています。

なので複数店舗の出張査定の最初の一社目として利用するのがお勧め…もちろん2社目、3社目は交渉次第で高額になりやすい店舗から選ぶのも同じく大切ですけどね。

バイクの売却先選びって、査定を申込む売却先によって査定額が左右されるもんですが、細かい話になれば、査定の順番なんかでも大きく変わってくるもんなんです。

下手な交渉テクニックなんかよりも、こういった査定の組み合わせを上手に活用できれば思いの外、高額に発展することもできちゃうものですよ。