バイク買取でおすすめの交渉パターンや交渉テクニックの実態とは?

ずっと乗り続ける予定だった愛車がやむなく手放すことに…。

そんなシチュエーションで、ユーザーさんがもっとも悩む部分といえば間違いなく愛車の売却先ですよね?

売却理由がどうであれ、大切に扱ってきた愛車を高く評価してくれる売却先を見つけて高額査定で買取ってもらいたい気持ちは誰でも同じなのです。

そんな愛車の売却先選びも非常に大切ですが、同じく大切な部分といえば、売却時の交渉テクニックや交渉パターンといえるかもしれません。

そこで今回は、愛車を最高額で買取してもらうための、管理人のおすすめの交渉パターンや交渉テクニックについてご説明しておきます。

ちなみに売却先選びに迷ったら管理人のお世話になっている以下の店舗をどうぞ!

交渉の前に準備しておきたい部分とは?

さて。

愛車の売却時に査定額を大きく左右する交渉のテクニックですが、それ以前に愛車の査定額がどのように決定されるのかご存知でしょうか?

愛車を高額で査定してもらうには、残念ながら交渉テクニックや交渉パターンだけではどうにもならないケースもでてきます。そういった場合に備えて愛車の査定額がどのように決定するのが知っておくべきかもしれません。

バイクの査定額はどうやって決まるの?

バイク買取店の広告、バイク雑誌、ネット上の情報サイトを見るかぎり、「バイクの査定額は車種、年式、走行距離、全体的な状態…といった部分で判断される」といった情報が多いかもしれません。

たしかに上記の部分は査定額を算出する意味で重要な部分には間違いありません。これは管理人の売却経験からも正しい情報といえるでしょう。

ですが管理人からすれば、それ以上に「業者オークションの取引相場」が査定額を大きく左右すると考えています。

そもそもバイク買取店の場合など、結局は買取したバイクをもっとも高額で売却できる地域の業者オークションに出品して売却するのが通常の流れといえます。

なので、まずは業者オークションでどの程度の金額で落札されているのだろうか…といった部分が査定額のベースとなってくるのは間違いありません。

たしかに人気車種で極上の状態であれば高額査定が期待できるかと思います。ですが業者オークション相場が思うような金額に達していない場合、残念ながら査定額もそれ相応の金額となるわけです。

あくまで業者オークション取引相場をベースにしつつ、走行距離や状態といった部分を減点方式で査定していく…というのが通常の査定額の決定方法だと知っておきましょう。

バイク買取でおすすめの交渉パターンとは?

では上記の部分を踏まえた上で、売却時の交渉パターンや交渉テクニックの話に戻します。

一部のネットオークション等の売却をのぞき、愛車を売却する場合、何らかのカタチで査定交渉といったシチュエーションは必須になってくるわけですが、この部分が心配という方もいるのではないでしょうか?

そもそも日本人の多くは、日常生活において頻繁に交渉を行う方などそう多くはありません。そういった職種の方を除いたら、通常は誰でも交渉に自信などありませんよね?

そんな状況下で「バイクの査定額は交渉テクニックで決まる!」なんて情報を鵜呑みにしてしまい、「交渉力の無い自分の愛車は思いっきり安く買い取られてしまうのでは…」と不安になっている方も多いかもしれません。

ですが結果からいわせてもらえば、交渉力や交渉テクニックなど不要…だと管理人は考えいてます。

中古バイク買取の査定交渉において、交渉力の有無や高度な交渉テクニックなど最終的な査定額の決定にさほど影響を与えるものではありません!

少なくとも過去に10台以上の愛車を様々なバイク買取店に売却してきた管理人は、交渉力(というかコミュニケーション能力も)を持ち合わせていませんが、上手に高く買取ってもらえています。

交渉力の有無や高度な交渉テクニックよりも、ちょっとした売却前の準備や幾つかのポイントをおさえておく方がよっぽど高額査定につながると考えています。

 

バイク買取で交渉テクニックが不要だという根拠

ここまでの説明を読んでいただいたにもかかわらず「でもやっぱり多少の交渉テクニックは必要なんでしょ」と考える方もいるかもしれません。そういった方に幾つかの根拠をご紹介しておきます。

まず少し冷静に考えて下さい。

バイク買取店の出張査定のスタッフ、中古バイク販売店の査定担当のスタッフ。こういったバイク業界の現場で働く方々は、毎日のようにバイクに触れて買取の交渉や販売を行なっているわけです。

もちろんバイクの知識や様々な情報も一般のユーザーさんの桁違いなのは言うまでもありません。もちろん査定交渉も毎日のようにこなしているので、様々なユーザーさんをみてきているわけですね。

こんな百戦錬磨の査定スタッフやメカニックに、素人が付け焼刃的に身につけた交渉テクニックが役に立つと思いますか?どう考えても思いませんよね。つまりそういう事です。

仮にバイク業界で長く勤務していたユーザーさんであれば対等に交渉できる可能性もあるかもしれません。ですが一般的なユーザーさんがどう頑張っても査定スタッフやメカニックに交渉で打ち勝つことなんて不可能なのです。

 

バイク買取でおすすめの交渉パターンなど無い!

同様に査定交渉で効果のある交渉パターンといったものも、残念ながら存在しません。

というのもバイク買取店ごとに査定マニュアルも違えば査定スタッフのタイプも違うわけです。

あるバイク買取店にとっては高額査定につながる交渉パターンかもしれませんが、一方で他のバイク買取店ではまったく効果の無い場合も往々にしてあります。

そもそも査定スタッフも機械ではなく人間ですからね。どの査定スタッフにも万能な交渉パターンなど普通に考えてもありませんよね?

そういった交渉パターンなど信用せずに、ケース・バイ・ケースで臨機応変に対応していく必要があるでしょうね。

 

交渉テクニックや交渉パターンより大事な部分とは?

もしかしたら売却前に査定交渉で必要な交渉テクニックや交渉パターンを知りたくて当サイトを訪れてくれたユーザーさんもいるかもしれませんが、上述したようにわざわざ交渉テクニックや交渉パターンを身につける必要など無い…というのが管理人の結論なんです。

過去に愛車を査定してくれた査定スタッフさんのお話では「変に入れ知恵されて、強引に交渉して高額査定を狙ってくるユーザーさんは逆に安くしちゃうこともある」といった方もいましたし、交渉したから高額査定になるもでもないんですね。

こういった査定交渉での振る舞いを気にするのであれば、1つでも多くの売却先に申込んで実際に査定を受けてみる!といった方がよほど高額査定につながるかと管理人は実感していますね。

あっ、もちろん申込む店舗のバランスっていうか組み合わせとかも考えることも忘れずに!やっぱり業界シェアを競い合っているライバル店の査定額はお互い気になるもんですからね。

大手の有名バイク買取店と小さな無名のバイク買取店だと、お互いが意識していないので査定額の上乗せが難しいかもしれませんね。できれば同じレベルのバイク買取店の中から選ぶといいかと思いますよ!

参考までに管理人がお世話になっている業界大手の店舗を以下にまとめておきます♪